へいわってすてきだね

Sumiです☆

注文していた絵本が届きました。
タイトルは「へいわってすてきだね」。

へいわってすてきだね

絵本作家である長谷川義史さんが6歳の少年の詩を描いた絵本です。
昨年の6月23日に発行されているので、すでにご存じの方も多いかもしれませんね。

私は絵本が大好きなので、赤ちゃんのころから娘にも良く読み聞かせをしてきました。6歳にもなると、本棚は絵本であふれてきたので、最近はもっぱら図書館を利用していましたが、この絵本の存在を知って、どうしても手元に置いておきたくなり購入しました。買って良かったな~☆

絵本の中に書かれている詩は、2013年6月23日、沖縄県平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が行われた時に、当時6歳だった安里有生(あさとゆうき)くんが朗読したものだそうです。

絵本を開くと「へいわってなにかな。ぼくは、かんがえたよ。」・・・と始まります。有生くんが小学校1年生の時に書いたそうですが、読み進めていくうちに、娘と歳の近い男の子が平和に対する素直な気持ちを率直に表現していることに驚きました。

絵本の中には「ちょうめいそう」という言葉が出てきます。わからなかったのでネットで調べた所、「長命草」という緑色の植物であることがわかりました。ポリフェノールやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいるそうで、ドリンクにして販売しているところもあるようです。

有生くんが暮らしている与那国島もどこにあるの?と娘に聞かれたので、地図で確認しました。日本の最西端にある島なんですね!海が青くてキレイ!いつか行ってみたいなぁ~☆

絵本の中の「ずっとへいわがずっとつづいてほしい。」という詩を読んだ時、娘がつかさず「そうだよね~。本当にそう思うよ。」と相槌を打っていたのが妙に印象的でした。こんな小さな子どもでも戦争は嫌なものだということを知っているんですね。

この先もずっと、みんなが幸せに暮らせる平和な世の中が続くことを願って・・・。
オススメしたい一冊です。

補足になりますが、私は「絵本ナビ」のメルマガ登録をしています。
今回、この絵本を読んでみたいと思ったきっかけは、絵本ナビのメルマガを読んだからでした。この絵本が「第7回 MOE絵本屋さん大賞第1位」に選ばれたと知って、ますます読んでみたくなったのです。「絵本ナビ」のメルマガ、旬の絵本情報が届くのでオススメですよ♪