がつんともつ鍋(Author:Maki)

Makiです♪

突然ですが、モツです。豚のモツです。そう、もつ鍋のモツです。

豚モツ

久しぶりに手に入った豚の生モツ。これでもつ鍋作ります!

私もオットももつ鍋が大好き。結婚前はよく二人であちこちのもつ鍋屋さんに行きました。結婚してからは家でももつ鍋を作るようになったんですが、以前は近所のスーパーでも手に入った生のモツ、最近見かけなくなってしまったんですよね〜。久しぶりに手に入ったので、大喜び。早速もつ鍋を作ることにしました。

作り方はとっても簡単です。

豚モツ

たっぷり沸かしたお湯でモツを茹でこぼします。これで気になるニオイが和らぎます

今回用意したのは生のモツ。すでに下茹でしてあるモツはスーパーでもよく見かけます。それでももつ鍋は作れますが、もつ鍋ならではの旨みと脂が足らなくてイマイチ。ここはぜひとも生のモツを探してほしいところです。

ただし、生のモツは鮮度や下処理がとっても大事。今回は買ってきたものをそのまま一度茹でこぼしただけで調理しましたが、モツの鮮度や下処理の状況によっては何度か茹でこぼしたり、脂をていねいに取ったりした方が美味しく食べられることもあります。

それから、お店のもつ鍋は牛モツを使うことが多いですが、豚よりも脂が多いです。豚モツはにおいが気になるという人もいますが、私はそこまで気にならず、むしろ豚モツの方が脂控えめで好きです。モツといっても、いろんな部位があるようなので、混ぜた方が好きという人も。牛と豚、脂の多い部位少ない部位など、いろいろありますので、試してみるのも楽しいかもしれませんね。

もつ鍋

豚モツは食べやすい大きさに切って、しっかりかぶるくらいの水とともに土鍋へ。味つけは鶏ガラスープの素と醤油、みりん、塩。それから、ニンニクと鷹の爪がたっぷり入っています

豚モツはニオイが強いので、しっかりと香りと味をつけるのがおすすめです。ニンニクはすり下ろしたものとスライスしたものを各1片ずつ加え、鷹の爪は小口切りにして2本分入れています。えぇえぇ、翌日のことは考えてませんよ。でも、ニンニク風味をがっつり効かせた方が美味しいので、ここは遠慮しないのです(笑)。

もつ鍋

一度さっと煮たあとで、その上にざく切りキャベツともやし、ニラを乗せ、最後にゴマを振りました。鍋からあふれんばかりにてんこ盛りにするのが◎

もつ鍋

火を点けて、下のスープをおたまですくいながら、野菜の上からかけていくと、だんだんと野菜から水分が出て縮み、鍋に入るようになります。キャベツがよく煮えたら、食べ頃~♪

久しぶりのもつ鍋は自画自賛ながら最高の出来。モツの旨みがたっぷり染みこんだ野菜はいくらでも食べられてしまいます。モツというと脂が多いイメージがありますが、野菜の方が多いせいか、たっぷり食べてもお腹はちっとももたれません。美味しいわー。

そして、もつ鍋の〆がこれまた最高なのです。

もつ鍋

鍋が食べ終わったら、〆の中華麺を投入! 中華麺の量に合わせて水を足して、塩で味を整えてください

炭水化物も入って、お腹いっぱい。大満足。もつ鍋の日は、これ以外他に何も用意しないので、料理も楽ちん。食べ終わったあとの洗い物も少ない。しかも、豚モツって安いんですよ。これほどの楽旨安ご飯はありません。

久々に食べたら、もつ鍋好きの血が再び騒ぎ始めました。生モツが手に入る店を探して、また作ろっと!

国産豚モツ!200g

国産豚モツ!200g
価格:380円(税込、送料別)