ぶらり大阪二人旅(Author:Maki)

Makiです♪

娘が産まれてから、それまでのように自分だけが優先されることや思い通りに過ごせることが少なくなった息子。いっぱい我慢してお腹太郎になってしまったり、お父さんとの二人旅でお母さんが恋しくなって泣いてしまったり。そうやってもがいているうちに、新しい環境にも慣れてきたけれど、たまには息子のためだけの時間を作ってあげたいな。そんなふうに思って、「お母さんと二人でどこか行こうか」と声をかけたことがあります。

「お母さんと二人でどこか行こうか」
「うん、行きたい」
「どこに行く?」
「大阪に行きたい」

なぜ大阪という言葉が出てきたのか…それすらはっきりは覚えていないくらい、なりゆきの会話で決まった息子と私の二人旅。初めて言い出してから、もしかしたら半年以上経ってしまったのかもしれません。でも、合言葉のように話していた「二人で大阪行こうね」という言葉がようやく現実になりました。

大阪旅行

大阪と言えば思い出す『かに道楽』も見てました!

旅の間にあったこと、思ったこと、覚えておきたいこと。全部書き留めたらキリがなさそうなので、いくつかピックアップして残しておきます。

■大阪の宿
出発前の準備で意外と大変だったのが宿泊先の予約。大阪行きの予定を立て始めたのが出発の一か月以上前。一か月もあるし、大阪だし、ホテルを取るなんて余裕だろうと思っていたら、とんでもない。どうやら最近外国人観光客が増え、手頃な価格のホテルは予約がいっぱいなんだそう。事実めぼしいホテルをネット検索しても、なかなか空いているところが見つかりません。

息子と二人旅なので、あんまり安っぽいところは怖い。でも、高級ホテルは無理。でもでも、観光に便のいい場所がいい。いろいろ検索かけまくった結果見つかったのが『KKRホテル梅田』。クイーンサイズのベッドがある一部屋を予約することができました。平日やシングルルーム、三人以上の部屋はまだ空きがあったようですが、二人で泊まれる部屋は残り一室だけだったようです。あー、よかった。

駅からは少し歩きますが、コンビニや飲食店も周りにあって、キレイで快適。喫煙室しか空いていなかったのですが、タバコのにおいはほとんど気になりませんでした。クイーンサイズのベッドで息子に蹴られつつも、二人でこんなふうにくっついて寝られるのはいつまでかしら、なんて息子の寝顔を見ながらニヤニヤしていた私でした。

■大阪の街
大阪に訪れるのは二度目。でも、前回訪れたのはすでに20年近くも前のこと。何にも覚えていやしません。どこかへ行こうにも、どの電車に乗ればいいのか、どの出口に行けばいいのか、まったくわからず。スマホのおかげで、路線などすぐに調べられるけれど、それでも地下街では何度も迷い、息子には「どっち行くの? そっちでいいの? 誰かに聞きなよ」と叱られまくりました…

「東京の電車、すごく難しい。迷う」という話を何度も聞いたことがあります。その気持ち、ものすごく、よく理解しました。路線や駅名、大体の方角などがざっくりと頭に入っているかどうかだけでも全く違う。土地勘って大事。特に都会の大きな駅の地下街は迷子になる要素満点。息子と二人迷いまくって、よく歩きました。

あと、息子が大阪で楽しみにしていたこと。それは大阪弁を聞くことでした。でも、ホテルやレストランなどでは、予想以上にみんな標準語! イントネーションの違和感もほぼなし!   「みんな、『まいど』『おおきに』って言わないよ~」と息子はちょっとガッカリしていましたとさ(笑)。

■食いだおれの街・大阪
大阪と言えば、食の街。大阪を歩いていて驚いたのは、とにかく飲食店の数が多いこと。ホテルまで梅田の地下街を歩いていると、「こんなにお店があってつぶれないんだろうか…」と勝手に心配してしまうほど、飲食店が続いています。しかも、入ってみたい店が多い。息子がいなけりゃ、いろいろ開拓するところなんだけどなぁ。まぁ、仕方ない(笑)。

大阪に到着した初日にまずたこ焼き。新大阪駅構内にある『たこ昌』というお店に行きました。お祭りの屋台で買うか、スーパーのたこ焼き粉を買って自分で作ったたこ焼きくらいしか食べたことのない私。外がカリッと、中がトロッと。さすが本場。美味しい。食の細い息子もペロッと平らげてしまいました。

たこ焼き

いつか食べてみたかった本場のたこ焼き。熱々焼きたてをハフハフしながら、息子と二人。幸せ~♪

次の日の夕ご飯は『大阪王将』。本当は大阪らしく串カツとか食べたかったんだけど、息子に却下されたので、とりあえず大阪と名がつくところなら、大阪気分が味わえるかな、と。とはいえ、東京でもよく見かける『餃子の王将』とどこが違うんだろうと思いながら、餃子食べてました。うん、普通に美味しい(笑)。あとで調べたら、のれん分けしたお店だったんですね。なるほど。

餃子

餃子は息子も私も大好物。もちろんビールもつけて、息子はオレンジジュースで乾杯!

最終日のお昼ご飯に、念願のお好み焼き。大阪在住のお友達に案内してもらった『とんべえ』というお店で食べました。11時開店でちょうどそのころにお店につき、ちょっと待って店内に入ったら、そのあとあっという間に満席に。人気のお店のようです。お店の人が焼いてくれるので、仕上がりも安心。とろとろの牛スジが入ったモダン焼きがとても美味しかったのでした。

お好み焼き

お好み焼きは我が家でも作るけれど、こんなふうにフワッとジュワッと作るのは難しい。鰹節たっぷりなのもいい!

…と、大阪の旅、まだまだ書きたいことがあるのですが、長くなりすぎたので、今日はここまで。息子とUSJで遊んだことや、その間お留守番してくれたオットと娘のこととか、また次回続きを書こうと思います。