玄米味噌仕込みました♪(Author:Maki)

Makiです♪

我が家では、年に三回味噌を作っています。一回4~5㎏。味噌作りを始めてから市販品は買わなくなったので、合計12~15㎏程度が我が家の年間味噌消費量です。

樽が空いたら新しい味噌を作る。先日一樽空になったので、味噌を仕込むことにしました。これまでも味噌作りについては何度か記事に書いていますが(『手前味噌』『’13年11月仕込みの味噌・備忘録』『味噌仕込み』『’15年7月仕込みの味噌・備忘録』、今回は初挑戦の玄米麹で作ります。

味噌の材料はこちらを購入。作り方はいつも通りですが、材料がちょっと違います。

まず、大豆。皮なしです。

大豆

富山県産の『脱皮大豆』というものだそう

皮なしをあえて選んだつもりはなかったんですが、セットで買ったら、こちらが届きました。箱を開けてみてビックリ。あとで調べてみたら、皮なしだとつぶしやすく、できあがりの口当たりも優しいようです。ただ、皮つきのものより栄養価は落ちるのかな。実際大豆をつぶすのは、いつも通り短時間で終わりました。

そして、こちらが玄米麹。米麴よりやや色が濃いかな。でも、このまま食べてみると、米麴より硬い! 噛みしめると甘みがじわじわ口に広がります。

玄米麹

いつも味噌を作るときに、麹をちょっとだけ味見します。米麹より硬い!

玄米麹で作った味噌は、米麴より栄養価が高いんだそうです。そして、発酵の香りが深いのが特徴だとか。お味噌汁によく合うそうで、毎朝お味噌汁を飲む我が家にはぴったりですね。

味噌仕込み

さて、これからしばらく寝かせます。食べるのは来年の夏ごろかな~

今食べているのは米味噌。次に仕込んであるのが米と麦の合わせ味噌。そして、今回が玄米味噌。どれくらい味の違いがあるのか楽しみです。少しずつ冷凍しておいて、食べ比べしてみようかな。できあがりが楽しみです!