ゆずりんご

Sumiです☆

突然ですが、これ、なんだと思います?

ゆずりんご☆

ゆずりんご☆

「ゆずりんご」というお料理です。
デザートと言ったほうがいいかしら。
サラダ?ではないかな・・^^;

先日、実家からたくさんのリンゴが届きました!

どーんと36玉!

どーんと36玉!

お礼の電話をかけたところ、母からこの「ゆずりんご」を教わりました。母は、自分が食べたお料理で美味しいものがあると「寿美子も作ってみなさーい!」といって、レシピを教えてくれるんです。ゆずとりんごの消費に困ったら、こんな食べ方もあるよ~ということで、きょうはみなさんにも作り方をご紹介しますね。

作り方はとっても簡単です。

【材料】
りんご1個
ゆず2個
砂糖 大さじ5~6

【作り方】
りんごはとゆずを食べやすい大きさにザクザク切って、砂糖とませるだけ。

切って混ぜるだけ♪

切って混ぜるだけ♪

ね、簡単でしょ~(笑)

ゆずは白い部分もそのまま入れます。種を入れると、とろ~っとしたペクチンも一緒にいただけるので種もそのまま入れちゃいます。常温においておくと汁気が出てくるので、その後は冷蔵庫保存。

1日経つとこのようになりました。

一日後。見た目はさほど変わりませんね^^;

一日後。見た目はさほど変わりませんね^^;

食べてみたところ、リンゴにゆずの風味が加わって美味しい~☆私は砂糖の代わりにはちみつで試してみましたが、甘ったるくはなく、爽やかな味わいです。ゆずの白いワタ刻んでいるので、子どもは少し苦みを感じるかもしれません。娘はゆず大好きなので、パクパク食べていましたけどね^^;

きょうはMakiちゃんのAllAbout「簡単一汁三菜レシピ」の撮影のお手伝いだったので、ゆずりんごの話をしたところ、紅茶を注いで飲んでもおいしいかも~とのこと!なるほど!さすが!いいアイディアだね~♪早速やってみよ~っと。

ゆずの香りって癒されますよね~。あ~、幸せだ☆

きょうは冬至!ゆず湯に入って心も体も温まりましょう☆
もちろん、冬至カボチャもきょうの夕飯にいただきまーす☆

皆さま、風邪などひかないよう、お互い気を付けましょうね~
では、また!

本☆しぜんとかがくのはっけん!

Sumiです☆

あっという間に師走ですね~!
みなさん、いかがお過ごしですか?

さて、お子さんから、ありとあらゆる疑問をぶつけられることありませんか?
言葉の意味についてはもちろんですが、
例えば「ママ、どうして水は蛇口から流れてくるの?」とか・・。
「ママ、どうして携帯からは声が聞こえてくるの?」とか・・。

私の場合、子どもに説明しながら結局答えに行き詰まり、
ネットで調べながら答える・・なんてことも多いです(笑)
わかっているようでわかっていないことって、多いな~と思います。
蛇口からなぜ水が出てくるかなんて、
日常的に当たり前のことって、疑問にも思わなくなりますからね~。

そんな中、娘の好奇心を満たしてくれる本に出合いました!
「しぜんとっかがくのはっけん!366」です☆

しぜんとかがくのはっけん!

”頭のいい子を育てる”シリーズの中の一冊ですが、
先日、知人がfacebookで紹介しているのを見て思わず買っちゃいました♪

体、植物、取り、宇宙、動物、魚、恐竜、地球、科学の読み物など、
14ジャンルに分かれて、へぇ~!そうなんだ!と思えることがたくさん載っています。

娘は根っからの本好きで、この本が届いてから、毎日いろんなページを開いて読みふけっています。

娘

ある日、「ママ、オオカミのロボって知ってる?」と聞かれたので
「何それ?」と聞き返したら、延々オオカミのロボについての語ってくれました。
後でこの本をめくってみたら、シートン動物記・オオカミ王ロボのことが書かれてあったのです。
娘が話してくれたのは、この物語のことだったんですね~

娘の好奇心!しばらくこの本が満たしてくれること間違いなしです☆

お子さんに一冊いかがですか?
おすすめですよ~☆