「おんぶもっこ」!6月13日にNHKあさイチで放送されました☆

Sumiです。

ご報告が遅くなってしまったのですが、熊本の友人が関わっている「おんぶもっこ」プロジェクト!6月13日(月)に「NHKあさイチ」で無事に放送されました☆facebookではお知らせできたので、見てくださった方もいらっしゃるかもしれませんね。いや~、良かった、良かった!!なんでもその日の夜、NHKの「ニュースチェック11」でも取り上げてくださったとか。

あさイチ、当日は、スタジオに新井隆太アナと一緒にくまモンも来てましたね~!!

なな様・・、邪魔ですよ~(笑)

なな様・・、ちょっと、邪魔ですよ~(笑)

4月、放送される予定だった矢先にあの大きな地震。放送できるどころではなくなってしまいました。その後、いつ放送されるのか、それともお蔵入りになってしまうのか、かなり心配していましたが、震災後、追加取材をしてくださったようで、今回の放送につながったそうです。

「おんぶもっこ」は熊本の天草地方に伝わるおんぶ紐です。私が熊本で暮らしていたのは、娘が1歳~4歳になるまでの3年間。育児に奮闘していた頃です。その当時、天草の牛深出身の友人がもっこを使っておんぶをしながら子育てしていました。それを見て「便利そうだね~、使いやすそうだね~」なんて話をしたのですが、まさか、このもっこが全国放送されるまでになるとは!!驚きです!

おんぶもっこ

これも、熊本に伝わるおんぶ紐を通して、おんぶの良さを見直そうと立ち上がった「おんぶもっこプロジェクト」のみなさんのご活躍があってこそ!

私もおんぶの良さを実感した一人ですが、おんぶは、両手があくので家事ははかどるし、子どもの重さをさほど感じません。こんなに便利だったのに、抱っこが主流になっていった背景には「恥ずかしさ」があると思うんです。昔ながらのおんぶ紐は胸の前でバッテンするタイプでしたものね~。最近のはリュックタイプのおんぶ紐が出ていますが、もっこだと赤ちゃんをより高い位置で背負うことができるので、赤ちゃんは肩越しにお母さんと同じ目線で見渡せてご機嫌です。赤ちゃんもお母さんとぴったりくっつけるので、安心してすやすや眠ってくれるし、そのままおろして寝かせることができるので、便利なんですよね☆

ブログでもご紹介しましたが、おんぶもっこは熊本の震災後、「支援もっこ」と題して、熊本で被災したママたちに無料で貸し出しもしています。寄付3000円でおんぶもっこ1つを貸し出すという仕組み。私も寄付したのですが、その際、使う方に応援メッセージを送ることもできました。すると、その後、支援を受けたママから、思いがけずお礼のメールが届いてびっくり!!こんな風にご連絡いただけるなんて思いもしていなかったので、とてもうれしかったです。

そうそう、7月10日にもおんぶもっこのセミナーが東京で開催されることになりました!赤ちゃんを子育て中の皆様、ご参加いかがでしょうか~?

東北の震災から5年。熊本の地震から2か月が経ちました。この二つの大きな震災を私自身は実際に経験していません。しかし、なぜか、両親や友人など、私に深くかかわる方たちが経験しています。これも何かの縁があってのことなのでしょう。

報道も少なくなっていますが、両方ともまだまだ支援が必要です。福島の原発の動向にも目が離せません。今は、熊本のものを購入したり、熊本の情報を発信したりするのが、私にできるささやかな支援です。微力ではありますが、これからも応援し続けていきたいと思っています。